常栄寺 (滋賀県高島市マキノ町) 湖西随一の楼門

滋賀県高島市マキノ町の山間にある常栄寺は、1601年旭洲禅師によって
開創された曹洞宗のお寺で、<道元禅師を慕う釈迦三十二禅刹>の
札所にもなっている。
湖西随一といわれる楼門の天井絵が鮮やかに残り、その威容を
和らげている。
常栄寺への道程途中にある<メタセコイア並木>は、直線2.4kmの
道路の両側に約500本が並び、新緑・紅葉と変化する風景は圧巻である。

<滋賀県高島市のお寺一覧>参照

(1)寺名:常栄寺(じょうえいじ) (2)住所:滋賀県高島市マキノ町山中554
(3)山号:龍王山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:旭洲禅師 (6)開創:1601年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)楼門:江戸時代後期 天井絵

画像
                   メタセコイア並木

画像
                       全景

画像
                       楼門

画像
                     楼門の天井絵

画像
                       本堂