もくもく探索日誌 2009年5月15日 晴れ 琵琶湖湖西

心地よい風が湖面を滑るように吹く琵琶湖の西北、海津大崎に
着いたのは9時を少し過ぎた頃である。

画像
                      海津大崎

桜のトンネルとは異なる深緑で覆われた海津大崎の大崎観音には
人の気配がなく、桜の時期とは大違いである。
境内から眺める竹生島のよき姿かな。

海津の集落にある宝幢院・宗正寺にもお参りし、敦賀へ抜ける
追坂峠の道の駅で休憩した時の琵琶湖を望む風景に、コーヒーの
味が一段と喉に響く。


国道161号線を左に進路を取り、山あいの中へと入った突きあたりに
威容を誇る楼門が待っているではないか。曹洞宗の常栄寺住職から
少し話を聞かせて頂き、江戸時代の楼門の天井絵に見とれる。


今津へ向かう途中、メタセコイアの並木道をゆっくりと走り抜け、
その新緑に心を洗われる。


柴田勝家一族の菩提寺幡岳寺にお参りした後、なつかしい今津浜へ
寄ってみた。学生時代にヨットで琵琶湖周航した思い出がフツフツと
湧き、しばし時間を費やす。


道元禅師ゆかりの曹洞宗近江三ヶ寺の曹沢寺と正伝寺にお参りし、
スッキリと澄んだ琵琶湖を眺めながら家路に就く。