即宗院 (京都市東山区) 東福寺塔頭 薩摩島津家の菩提寺

京都市東山区の東福寺には25ヶ寺の塔頭があり、その一つ即宗院は
1387年薩摩の島津氏久が島津家の菩提寺として東福寺南部に
創建したのに始まり、1569年焼失したため1613年に現在地に
再建された。
幕末(1858年)西郷隆盛は即宗院に逗留し、清水寺の僧月照らと
幕政改革の謀議などを行っている。その後、月照・西郷は薩摩へ逃れたが、
月照は錦江湾に身を投じ西郷は奄美大島に潜居している。
1868年戊辰戦争後、即宗院に入り戦争で倒れた藩士524名の顕彰碑を
建てている。

(1)寺名:即宗院(そくしゅういん) (2)住所:京都市東山区本町15-813
(3)宗派:臨済宗東福寺派大本山東福寺塔頭
(4)開山:剛中玄柔 (5)開基:島津氏久
(6)開創:1387年 (7)本尊:?
(8)その他
1)庭園:市指定名勝 池泉回遊式庭園
2)西郷隆盛自筆の顕彰碑
3)山門:1613年 石造仁王像
4)通常非公開 特別公開あり

画像
                       山門

画像
                     石造仁王像

画像
                       庭園

画像
                       庭園

画像
                       書院

画像
                  西郷隆盛銘文の顕彰碑