福智院 (奈良県奈良市) <重文>地蔵大仏

奈良県奈良市の奈良町にある福智院は地蔵大仏と呼ばれる
本尊地蔵菩薩の地蔵信仰が篤い古刹である。
福智院は736年玄昉が清水寺を開創したのに始まり、その後
荒廃したが叡尊上人によって現在地に移り、1254年興福寺の
実信僧正が地蔵堂(現在の本堂)を建立して再興された。
本尊地蔵菩薩は1203年に造立され、この地蔵堂に安置された。
これ以降、南都における地蔵信仰霊場となったと言われている。

(1)寺名:福智院 (2)住所:奈良県奈良市福智院町46
(3)山号:清冷山 (4)宗派:真言律宗
(5)開山:元昉 (6)開創:736年 (7)本尊:地蔵菩薩
(8)その他
1)本堂:重要文化財 1254年
2)本尊地蔵菩薩坐像:重要文化財 1203年 像高273cm 千体地蔵の光背

画像
                       山門


画像
                    <重文>本堂

画像
                       境内