お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳源寺 (奈良県宇陀市大宇陀区) 宇陀松山藩主織田家の菩提寺

<<   作成日時 : 2009/04/23 09:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良県宇陀市の大宇陀にあった宇陀松山藩主2代織田高長が父の
信雄(織田信長の次男)の菩提を弔うために徳源寺を開創した。
宇陀松山藩は2万8千石で5代信休で廃藩となっている。
信雄から信武の4代の墓が徳源寺にあるが、遺骸は安土城跡に
改葬されている。
現在は本堂のみがヒッソリとした木々に包まれた境内にある。

(1)寺名:徳源寺 (2)住所:奈良県宇陀市大宇陀区岩室830
(3)山号:長泉山 (4)宗派:臨済宗大徳寺派
(5)開山:天祐禅師 (6)開基:織田高長
(7)開創:1632年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)宇陀松山藩主織田家の墓:五輪石塔

画像
                       境内

画像
                       参道

画像
                       本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

徳源寺 (奈良県宇陀市大宇陀区) 宇陀松山藩主織田家の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる