お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳勝寺 (滋賀県長浜市) 北近江の戦国大名浅井氏の菩提寺

<<   作成日時 : 2009/04/02 09:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

滋賀県長浜市の市街地にある徳勝寺は、北近江の戦国大名浅井亮政
が1518年小谷城築城の時医王寺を小谷城下に移して菩提寺として
以降3代の菩提寺となった。
浅井氏3代目長政は織田信長と戦い敗れ、小谷城は壊滅し浅井氏は
途絶えた。
秀吉は1595年徳勝寺を長浜城下に移転し、江戸時代になると
彦根藩主井伊家の庇護を受けている。

境内には浅井氏3代の墓が祀られ、悲劇の戦国大名の面影を残している。

<浅井三姉妹の菩提寺>クリック参照

(1)寺名:徳勝寺 (2)住所:滋賀県長浜市平方町872
(3)山号:興福山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:通峯真宗 (6)開創:1394〜1428年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)浅井氏3代の墓
2)市指定文化財
  羽柴秀吉寺領寄進状、羽柴秀勝寺領寄進状

画像
                       本堂

画像
                    浅井氏3代の墓

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

徳勝寺 (滋賀県長浜市) 北近江の戦国大名浅井氏の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる