法観寺 <八坂の塔>(京都市東山区) 東山のランドマーク

京都市東山区にある法観寺の五重塔は昔から<八坂の塔>と呼ばれ、
東山のランドマークになっている。
寺伝では聖徳太子造立となっているが、八坂郷に居住する帰化系の
豪族八坂造が営んだ寺であろうと言われている。
五重塔付近から白鳳時代の瓦が出土していることから、開創は古いと
考えられている。
天暦年間(947~957年)塔が傾き、雲居寺の浄蔵貴所が祈祷して
元に戻したという伝説があり、祇園祭の山鉾の<山伏山>にこの
浄蔵貴所の山伏姿が祀られている。

塔は火災などにより何度か再建され、現在の塔は1440年足利義教
によって再建されたものである。

(1)寺名:法観寺(ほうかんじ)<通称:八坂の塔、別名:八坂寺>
(2)住所:京都市東山区清水八坂上町388
(3)山号:霊応山 (4)宗派:臨済宗建仁寺派
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:589年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)伽藍
  五重塔:重要文化財 1440年 高さ46m
  太子堂:市指定文化財 1663年
  薬師堂:市指定文化財 17世紀後半
2)その他文化財
  八坂塔絵図:重要文化財 1440年頃
3)木曽義仲首塚

画像
                   <重文>五重塔

画像
               京都タワーから望む五重塔

画像
                   <重文>五重塔

画像
                   <重文>五重塔

画像
                   <重文>五重塔

画像
                      太子堂

画像
                      薬師堂

画像
                    木曽義仲首塚