頂妙寺 (京都市左京区) 町名となった仁王門

京都市左京区の新洞学区(北は二条通、南は三条通、東は東大路通、
西は川端通に囲まれた小学区)には多くの宗派の55ヶ寺が集中して
あるお寺区域であるが、その中で最も広い境内を占めるのが頂妙寺である。
この学区の中央を東西に走る仁王門通の名前は、頂妙寺の仁王門から
取られているほどに仁王門は象徴的存在である。
仁王門に安置されている仏像は持国天像と多聞天像であるから、正確には
二天門と呼ぶべきであろうが、仁王門の方が響きが良い。

<京都市左京区のお寺一覧>参照

(1)寺名:頂妙寺(ちょうみょうじ)
(2)住所:京都市左京区仁王門通川端東入ル大菊町96
(3)山号:聞法山 (4)宗派:日蓮宗本山
(5)開山:日祝上人 (6)開基:細川勝益
(7)開創:1473年 (8)本尊:十界曼荼羅
(9)その他
1)主な文化財
  牛図2幅:重要文化財 俵屋宗達筆 江戸時代初期
  十六本山会合文書:府指定文化財
  など

画像
                       表門

画像
                      仁王門

画像
                       本堂

画像
                      祖師堂

画像
                     鬼子母神堂

画像
                      大黒天堂

画像
                 新洞学区寺院案内図