お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 大吉寺 (滋賀県長浜市野瀬町) 源頼朝ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2009/03/17 09:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

滋賀県長浜市野瀬の天吉寺山(918m)山麓にある大吉寺は、
865年安然上人によって地元の土豪浅井治家と共に、天吉寺山の
頂上付近(750m)に開創された。
平治の乱(1159年)で敗れた源義朝郎党が東国へ逃れて行く途中、
頼朝は一行とはぐれ、この寺に難を逃れたと言われている。
その後、鎌倉幕府になって頼朝は大吉寺を支援し、堂宇の再建や
寺領を与え、虫供養の文書などを送っている。
1500年代になり戦火のため荒廃し、現在は大吉寺跡として本堂跡、塔跡、
仁王門跡などの堂塔跡が残され、大吉寺跡には頼朝の供養塔が残っている。
現在の山麓にある大吉寺は子坊によって引き継がれている。

(1)寺名:大吉寺(だいきちじ) (2)住所:滋賀県長浜市野瀬町217
(3)山号:寂寥山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:安然上人 (6)開基:浅井治家
(7)開創:865年 (8)本尊:聖観音
(9)その他
1)主な仏像
  本尊聖観音立像:市指定文化財 藤原時代
  阿弥陀如来立像:市指定文化財 鎌倉時代
  地蔵菩薩立像:市指定文化財 鎌倉時代
  元三大師坐像:市指定文化財 室町時代
2)大吉寺跡:創建当初の大吉寺跡 県指定史跡
3)庭園:市指定名勝
4)虫供養:9月15日 江戸時代から380年続く 
5)源頼朝供養塔:石造宝塔 1251年銘という

画像
                      参道入口

画像
                     境内案内図

画像
                       山門

画像
                       参道

画像
                       本堂

画像
                       庫裡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

大吉寺 (滋賀県長浜市野瀬町) 源頼朝ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる