明王院 (広島県福山市) 優美な<国宝>五重塔

広島県福山市を流れる芦田川に面した愛宕山の麓にある明王院は、
弘法大師空海が807年開創した常福寺を前身とすると伝えられている。
芦田川の中州と周辺から発掘された<草戸千軒町遺跡>は明王院の
前にあり、草戸千軒町は鎌倉~室町時代に栄えた大集落・港町であり、
また常福寺の門前町であった。

江戸時代になり、福山初代藩主水野勝成が城下にあった圓光寺を常福寺に
移し合体して、明王院とした。
1620年の大洪水山崩れにより堂塔も荒れたが、福山2代・3代藩主が
改築・再建を行い大寺となり、中本山となっている。
江戸時代は福山藩の庇護を受けて大いに栄えた。

明治維新の神仏分離により、鎮守の草戸愛宕神社・草戸稲荷神社と
分離され(草戸愛宕神社は草戸稲荷神社に属して)、隣接する草戸稲荷神社は
数十万人の初詣客で賑わう神社となっている。
 
明王院 国宝本堂・五重塔クリック参照

画像
                       参道

画像
                       境内

画像
                    <国宝>本堂

画像
                    <国宝>本堂

画像
                   <国宝>五重塔

画像
                   <国宝>五重塔

画像
                   <国宝>五重塔

画像
                     草戸稲荷神社

画像
                    草戸愛宕神社本殿