興聖寺(京都府宇治市) 紅葉の風景

京都府宇治市を流れる宇治川の東岸にある興聖寺(こうしょうじ)は、
曹洞宗開創の道元禅師が1233年曹洞宗最初の道場として開創
したお寺である。
興聖寺は宇治川を挟んで平等院の対岸にあり、紅葉の名所にも
なっている。
日頃は静寂が漂う禅寺であるが、紅葉の時期には多くの人が
訪れ、道元禅師を再確認される機会となっている。

興聖寺 四季の風景クリック参照

2008年の紅葉風景を紹介しよう。

画像
                   宇治川上流を望む
                 <左手に興聖寺がある>

画像
                     宇治川東岸

画像
                     総門(石門)

画像
                    総門近くの紅葉

画像
                     参道(琴坂)

画像
                     参道の紅葉

画像
                       楼門

画像
                  楼門を額縁とする紅葉

画像
                       本堂