弘誓寺(滋賀県東近江市) 近江商人発祥地のお寺

近江商人のルーツは、鎌倉時代に五個荘の地を本拠に活躍した
小幡商人であり、行商(てんびんのルーツ)スタイルを基本にした
商人であった。
江戸時代に入り、今日言われる近江商人が近江八幡、日野、五個荘
から本格的な活動が始まった。
五個荘は江戸時代後期から優れた近江商人が輩出し、明治・大正・昭和
と多くの企業人も出た。

その五個荘の中心地金堂地区の中心に弘誓寺がある。
弘誓寺は当初1290年豊郷町石畑に開創され、1581年に現在の地に
移転してきて、近江商人の願い寺として栄えた。
現在は、金堂地区の弘誓寺・近江商人屋敷・水路などが一体となって
日本の原風景を作り出している。
<重要伝統的建造物群保存地区に指定>

(1)寺名:弘誓寺(ぐぜいじ) (2)住所:滋賀県東近江市五個荘町金堂615
(3)山号:石畠山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開山:愚咄坊 (6)開創:1290年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)主な伽藍
  本堂:重要文化財 1755年
  山門:市指定文化財

画像
                    弘誓寺前の水路

画像
                    弘誓寺前の水路

画像
                    弘誓寺前の水路
               <2007年9月24日のイベント>

画像
                    近江商人屋敷通り

画像
                     近江商人屋敷

画像
                     近江商人屋敷

画像
                       山門

画像
                    <重文>本堂

画像
                    <重文>本堂

画像
                       庫裡

画像
                      太鼓楼