寂光寺(京都市左京区) 囲碁本因坊の寺

寂光寺界隈(二条通と三条通、東大路と川端通に囲まれた地区)には
55の寺院が集中しているが、これは江戸時代の二度の大火で移転して
きた寺院が多い。

寂光寺二世の日海は囲碁の名人で、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に
碁の指導をしたといわれ、本能寺の変の前夜信長と碁を打っていたと
伝えられている。
日海は本因坊算砂と号し、本因坊の称号は囲碁の家元として世襲制で
1939年まで続いた。第4世の時、江戸へ本因坊家は移った。

(1)寺名:寂光寺 (2)住所:京都市左京区仁王門通東山西入北門前町469
(3)山号:妙泉山 (4)宗派:顕本法華宗
(5)開山:日淵上人 (6)開創:1578年 (7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)本因坊第一~第五世の墓

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                   第1世本因坊報恩塔

画像
                寂光寺界隈の寺院分布図