養源院(京都市東山区) 浅井姉妹ゆかりの寺

養源院は1594年、淀殿が父浅井長政の菩提を弔うために開創したが、
1619年焼失し、1621年淀殿の妹である崇源院(徳川秀忠の正室)の
立願で伏見城の遺構をうつして再建された。

<浅井三姉妹の菩提寺>参照

その遺構の中に、1600年の伏見城の戦いで自刃した鳥居元忠などの
血が残る床板が天井板として本堂に使われている<血天井>。
この血天井は京都の5ヶ寺院に使われている。
<宝泉院、正伝寺、源光庵、興聖寺、養源院>

また、自刃した将兵の霊を供養するために描かれたといわれる俵屋宗達の
絵(襖や杉戸に)が残っている。

(1)寺名:養源院 (2)住所:京都市東山区三十三間堂廻り町656
(3)山号:南叡山 (4)宗派:真宗遣迎院派
(5)開山:成伯法印 (6)開基:淀殿 (7)開創:1594年
(8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)淀殿の墓所
2)主な伽藍
  本堂:市指定文化財 1621年 伏見城の遺構
  護摩堂・鐘楼・中門・表門・通用門:市指定文化財 江戸時代前期
3)俵屋宗達作品(重文)
  松図12面:襖8面、戸襖4面
  杉戸絵4枚8面:白象図など
4)ヤマモモの木:推定樹齢400年 秀吉手植えの木を
           再建時に移植されたといわれる。

画像
                       表門

画像
                      通用門

画像
                       参道

画像
                       玄関

画像
                       本堂

画像
                      護摩堂

画像
                       鐘楼

画像
                     ヤマモモの木