金森御坊<善立寺>(滋賀県守山市) 蓮如ゆかりの寺

1465年大谷を追われた蓮如は湖西の堅田と湖東の金森を拠点として
布教に努めた。金森の道西上人とともに金森御坊を築き、城塞都市を
築いていった。
また、比叡山と対抗し、史上はじめての一向一揆といわれる金森合戦を
行っている。
江戸時代になるとその勢力も衰え、金森御坊も衰退していった。

(1)寺名:善立寺(ぜんりゅうじ)<金森御坊の継承寺>
(2)住所:滋賀県守山市金森町753
(3)山号:金園山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開山:道西上人 (6)開創:1465年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)懸所宝塔:重文 鎌倉時代 石造宝塔の三名塔といわれる
        高さ338cm
2)織田信長朱印状:県指定文化財

画像
                   <重文>懸所宝塔

画像
                       本堂

画像
                     蓮如上人像

画像
                       表門