如宝寺(福島県郡山市) 市街地の古刹

1月6~7日に行われる<七日堂まいり>は観音堂の馬頭観音祭礼で、
10万人の人出で賑わい、出店が多く出て郡山市の一大イベントになっている。
807年にこの馬頭観音を祀ったのが如宝寺の開創と伝えられている。

如宝寺には、古い石造碑が数多く残され、東北最古の<重文>石造笠塔婆
などがある。

<東北のお寺一覧>参照

(1)寺名:如宝寺(にょほうじ) (2)住所:福島県郡山市堂前町4-24
(3)山号:高岳山 (4)宗派:真言宗豊山派
(5)開山:笹久根上人 (6)開基:虎丸
(7)開創:807年 (8)本尊:大日如来
(9)その他
1)主な石造物
 石造笠塔婆:重文 1208年 東北最古の供養塔
 板石塔婆:重文 1276年
 切支丹墓碑:市指定 1694年
 板石塔婆:市指定 1219年 欠損
2)イボナシ鐘:重美 1751年
3)書院:登録文化財
4)七日堂まいり:観音堂馬頭観音の際礼 1月6~7日

画像
                      仁王門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                      観音堂

画像
                     書院(中央)

画像
                  <重文>石造笠塔婆

画像
                   <重文>板石塔婆

画像
                   <重美>イボナシ鐘

画像
                     切支丹墓碑