お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 興正寺(京都市下京区) 真宗興正派本山

<<   作成日時 : 2008/08/18 10:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

親鸞を祖とする真宗十派(浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派など)
の一つである興正寺は西本願寺の南端に接してあり、かっては西本願寺の
脇門跡であったが、1876年独立して興正派本山となった。

開創には諸説あるが、親鸞が1212年京都山科に一宇を創建し、
興正寺と名付けたのに始まると伝える説もあるが、
実質的には、1321〜24年了源上人が山科に堂宇を建立したのが始まりであろう。
1328年東山に移転し、その後佛光寺と改名している。
1481年佛光寺と興正寺に分かれ、興正寺は本願寺へと移る。

(1)寺名:興正寺(こうしょうじ) 
(2)住所:京都市下京区七条通堀川上ル花園町70
(3)山号:円頓山 (4)宗派:真宗興正派本山
(5)開山:了源上人 (6)開創:1321年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)旧本堂:1902年焼失 日本三建築(日光東照宮本廟、知恩院三門
   興正寺旧本堂)といわれる名建築
2)伽藍は典型的な真宗様式

画像
                  京都タワーからの遠景

画像
                       外観

画像
                       三門

画像
                      御影堂

画像
                     阿弥陀堂門

画像
                      阿弥陀堂

画像
                       経蔵

画像
                       本廟
              <東山区清水にある親鸞聖人廟>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

興正寺(京都市下京区) 真宗興正派本山 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる