法用寺<雀林観音>(福島県会津美里町) 会津唯一の三重塔

会津は仏都といわれるほどに古刹の多い地域であるが、
塔は少なくその中で法用寺の三重塔はシンボル的存在である。
720年の開創といわれる古刹で、かっては大いに栄えたといわれ、
多くの文化財が残っている。
現在の法用寺は寂しい限りであるが、歴史を感じる空気が漂っている。

<北海道東北のお寺一覧>

(1)寺名:法用寺(ほうようじ)<通称:雀林観音>
(2)住所:福島県会津美里町雀林字三番山下
(3)山号:雷電山 (4)宗派:天台宗
(5)開山:得道上人 (6)開創:720年 (7)中興:徳一上人
(8)本尊:十一面観音
(9)その他
1)主な仏像
  本尊十一面観音立像:県指定 藤原時代 像高148cm
  十一面観音立像:県指定 藤原時代 像高155cm
  金剛力士立像:重文 藤原時代
  得道上人坐像:県指定 鎌倉時代 像高88cm
2)その他文化財
  本堂厨子・仏壇:重文 1314年
  三重塔:県指定 1780年 高さ19m
  梵鐘:県指定 1474年
3)会津三十三観音第29番
4)虎の尾桜:会津五桜のひとつ
5)訪問日:2008年8月6日

画像
                  境内

1(07-12)(00)法用寺境内2.JPG
                  境内

画像
                 三重塔

画像
                 仁王門

画像
                  本堂

2(07-12)(00)法用寺本堂.JPG
                 本堂

3(07-12)(00)法用寺地蔵堂.JPG
                 地蔵堂

画像
                  鐘楼

4(07-12)(00)法用寺庫裡.JPG
                 庫裡