お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 神光院(京都市北区) 歌人・陶芸家太田垣蓮月尼ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2008/07/31 16:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

太田垣蓮月尼(1791〜1873年)は江戸時代末期〜明治時代初期の
歌人であり、蓮月焼と呼ばれる器風の陶芸家である。
若い頃は不遇であり、33歳で出家し仏門に入り、晩年神光院で隠棲し、
亡くなっている。
蓮月尼の歌に
<うつ人もうたるる人もこころせよ同じ御国の御民ならずや>
を西郷隆盛に送っている。
また、画家富岡鉄斎の育成に力を注いだ。

神光院は<京都の三弘法>といわれ、厄除弘法を本尊とする
弘法大師信仰に支えられている。

(1)寺名:神光院(じんこういん) (2)住所:京都市北区西賀茂神光院町120
(3)山号:放光山 (4)宗派:真言宗系単立
(5)開山:慶円上人 (6)開基:賀茂能久
(7)開創:1217年 (8)本尊:弘法大師
(9)その他
1)重要文化財
  仏眼曼荼羅図、悉曇略記、細字金光明最勝王経
2)きゅうり封じ:7月21日〜土用の丑の日
3)サザンカ

画像
                       参道

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                      蓮月庵

画像
                       境内

画像
                     きゅうり封じ

画像
                      蓮月焼

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

神光院(京都市北区) 歌人・陶芸家太田垣蓮月尼ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる