宝筐院(京都市右京区) 足利義詮と楠木正行の菩提寺

平安時代白河天皇の勅願寺として開創された善入寺が宝筐院の
始まりと伝えられている。
南北朝時代に黙庵禅師が禅寺として中興し、1348年の四条畷の戦いで
敗れた南朝の忠臣楠木正行を弔って首塚を設けたといわれる。
正行の相手2代将軍足利義詮はこれを聞いて、自分が死去した後、
正行の首塚の隣に墓を設けるよう依願し、死後そのように墓が
設けられたと伝わる。

江戸時代末期には廃寺となるが、明治時代になって、天皇の忠臣
楠木正行の菩提寺として復興され、正行の首塚と足利義詮の
供養塔が並んで祀られている。

紅葉の名所として人気が高い。

(1)寺名:宝筐院(ほうきょういん)
(2)住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町9-1
(3)山号:善入山 (4)宗派:臨済宗系単立
(5)開基:白河天皇 (6)開創:1073~1087年
(7)本尊:千手観音

画像
                       山門

画像
                       本堂

画像
                       境内

画像
            楠木正行首塚(右)足利義詮供養塔(左)