清涼寺(滋賀県彦根市) 彦根藩主井伊家の菩提寺

関ヶ原の戦い後、徳川四天王の一人井伊直政はそれまで石田三成の
居城であった佐和山に18万石を与えられた。
1602年直政死後、佐和山の麓にあった三成の重臣島左近の屋敷跡に
清涼寺を創建し、直政の墓所を設け、以後井伊家の菩提寺となった。

1604年第2代直勝は彦根城を築城し、第3代直孝の時に35万石の
譜代大名となった。
井伊家からは井伊直弼を含めて6度の大老職を務めている。
なお井伊直弼は清涼寺で坐禅修行を行っている。

(1)寺名:清涼寺(せいりょうじ) (2)住所:滋賀県彦根市古沢町1100
(3)山号:祥壽山 (4)宗派:曹洞宗 (5)開山:愚明禅師
(6)開基:井伊直政 (7)開創:1602年 (8)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)井伊家墓所:国指定史跡
2)タブの木:樹齢500年といわれる

画像
                       全景

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                       禅堂

画像
                       庫裡

画像
                     タブの木

画像
                  彦根藩主井伊家墓所