お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 正法寺(京都府八幡市) 尾張徳川家ゆかりのお寺

<<   作成日時 : 2008/07/07 14:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1594年徳川家康が石清水八幡宮を詣でた折、正法寺住職志水宗清の
娘(お亀)を見染め側室とした。
この時、お亀には一人の息子がおり、夫は死別していた。

お亀は1600年五郎太(後の尾張藩祖徳川義直)を生み、家康が亡くなると
相応院と名乗り、1642年亡くなるまで尾張名古屋城で暮らした。
前夫の息子は竹腰正信といい、尾張徳川家の付家老として義直に仕えた。

相応院は1630年には正法寺の伽藍を寄進し、現在の伽藍が整った。
相応院の死後、菩提寺として尾張徳川家の庇護を受けた。

正法寺は浄土宗であるが、禅寺のような雰囲気を持つお寺である。

関連するお寺で、下記の寺名をクリック
清涼院(京都市伏見区)、定光寺(愛知県瀬戸市)

(1)正法寺(しょうぼうじ) (2)住所:京都府八幡市八幡清水井75
(3)山号:徳迎山 (4)宗派:浄土宗 (5)開基:高田忠国
(6)開創:1191年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)尾張藩祖徳川義直の生母(お亀)の菩提寺
2)主な伽藍
  本堂:重文 1630年 垂木の金箔逆輪は珍しい
  大方丈:重文 1630年 玄関・中門:重文
  唐門:重文 1630年
  小方丈:府指定文化財 1630年頃
  書院:府指定文化財 1630年頃
  鐘楼:府指定文化財 1630年頃
3)重文仏像
  阿弥陀如来坐像:鎌倉時代初期
  元三大師坐像:鎌倉時代
4)庭園:府指定名勝 池泉鑑賞式庭園

画像
                       山門

画像
                    <重文>唐門

画像
                   <重文>玄関・中門

画像
                       庫裡

画像
                       鐘楼

画像
                   <重文>大方丈

画像
                   <重文>大方丈

画像
                    <重文>本堂

画像
                 <重文>本堂の金箔逆輪

画像
                      方丈前庭

画像
                  書院(手前)小方丈(奥)

画像
                       庭園

画像
                   お亀(相応院)の墓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

正法寺(京都府八幡市) 尾張徳川家ゆかりのお寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる