お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 円光寺<圓光寺>(滋賀県野洲市) 珍しい切妻造りの<重文>本堂

<<   作成日時 : 2008/07/01 10:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

円光寺は江戸時代、長福寺と円光坊が合体した天台真盛宗の
お寺である。
本堂は長福寺の本堂であり、鎌倉時代の1257年に造られた
神社建築に見られる流造り・切妻の銅板葺で、お寺の本堂としては
珍しい構造になっている。
<重文>本尊阿弥陀如来は1996年盗難に遭ったが、その後
発見され無事であった。

(1)寺名:円光寺<正式名:圓光寺> (2)住所:滋賀県野洲市久野部266
(3)山号:歓喜山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開基:伝教大師最澄 (6)開創:790年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)伽藍など
  本堂:重文 1257年 切妻銅板葺
  九重石塔:重文 1257年頃
  大行事神社本殿:重文 室町時代中期 かっての鎮守社 同一境内
2)仏像
  本尊阿弥陀如来座像:重文 藤原時代 像高87cm
  地蔵菩薩坐像2躯:県指定文化財 1350年

画像
                    <重文>本堂

画像
                       山門

画像
                    <重文>本堂

画像
                   <重文>九重石塔

画像
                   <重文>九重石塔

画像
                     大行事神社

画像
                 <重文>大行事神社本殿

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

円光寺<圓光寺>(滋賀県野洲市) 珍しい切妻造りの<重文>本堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる