高桐院(京都市北区) 庭園がすばらしい大徳寺塔頭

高桐院は1602年細川忠興(三斎)が開創した大徳寺塔頭で、
細川家の菩提寺でもある。

細川忠興の正室はかのガラシャ夫人であり、忠興は知将・文化人・茶人と
して戦国・桃山・江戸時代を生き抜いた武将であり、熊本藩の礎を築いた
豊前小倉藩初代藩主である。

茶人としての細川三斎は千利休の一番高弟で、利休七哲の一人にあげられ、
利休が秀吉の命により自害する時に古田織部と二人で見舞った話は有名である。
利休が三斎に遺贈した石燈籠が高桐院の三斎・ガラシャの墓碑になっている。

高桐院は大徳寺塔頭の中にあって数少ない通常公開されているお寺であるが、
その庭園はシンプルなスッキリした心を癒してくれる庭園である。
<夏か冬の拝観者の少ない時がお薦め>

(1)寺名:高桐院(こうとういん) (2)住所:京都市北区紫野大徳寺町73-1
(3)山号:なし (4)宗派:臨済宗大徳寺派(大徳寺塔頭)
(5)開山:玉甫紹琮 (6)開基:細川忠興
(7)開創:1602年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)細川家の菩提寺 
2)細川三斎・ガラシャの墓:墓碑は千利休遺贈の石燈籠
3)建物
  客殿(本堂):近代建立
  書院(意北軒):千利休の邸宅を移築と伝わる
  茶室:鳳来、松向軒
4)庭園:楓の庭 散り初めた紅葉
5)文化財
  山水図2幅:国宝 中国南宋の李唐筆
  牡丹図2幅:重文 中国元の銭舜挙筆
  青井戸茶碗など

画像
                     参道入口

画像
                       表門

画像
                       参道

画像
                     客殿(本堂)

画像
                       客殿

画像
                       庭園

画像
                       庭園

画像
                       庭園

画像
                       庭園

画像
                       書院

画像
                     茶室松向軒

画像
                 細川三斎・ガラシャ夫人の墓