中山寺(兵庫県宝塚市) 西国三十三所第24番

718年長谷寺の僧徳道上人が開創したと伝えられる西国観音霊場も
その時点では信仰を得られず、時節到来を祈り、宝印を中山寺の石櫃
に納めたといわれる。
それから270年後の988年に花山法皇が石櫃から宝印を取り出し、
霊場を参拝したと伝えられており、これが西国三十三所観音霊場巡礼
の始まりと考えられている。

中山寺は本尊を観音菩薩とする日本最初の観音霊場といわれ、
<安産祈願>の霊場として古くから栄えてきた。
現在は、ご利益の総合寺院として大いに栄え、いつも賑わいをみせ、
境内もエスカレータなどを設け、安産祈願の妊婦などに配慮した設備が
整っている。

<兵庫県のお寺一覧>

<西国三十三所観音霊場>

(1)寺名:中山寺(なかやまでら) 
(2)住所:兵庫県宝塚市中山寺2-11-1
(3)山号:紫雲山 (4)宗派:真言宗中山寺派大本山
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:不詳
(7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)西国三十三所観音霊場第24番
2)主な伽藍など
  本堂:県指定文化財 1603年 豊臣秀頼再建
  大門:県指定文化財 1646年
  護摩堂:県指定文化財 1603年
  大願塔(多宝塔):2007年
  白鳥塚古墳:県指定史跡 7世紀初 別名<石の唐櫃>
3)主な仏像
  本尊十一面観音立像:重要文化財 平安時代初期
  脇侍十一面観音立像2体:県指定文化財 1244年
  薬師如来坐像:重要文化財 藤原時代
  大日如来坐像:重要文化財 藤原時代
  聖徳太子坐像:重要文化財 室町時代
4)中山寺古墳:県指定史跡
5)薬師如来坐像など6件:市指定文化財
6)行事
  星下り大会式:8月9日 市指定無形民俗文化財
  節分会:2月3日
7)訪問日:2007年2月4日

画像
               大門(山門)

画像
                 参道

画像
               エスカレーター

画像
                 境内

画像
                 本堂

画像
                 本堂

画像
               本堂前香炉

画像
                 大師堂

画像
                弘法大師像

画像
                聖徳太子堂

画像
                阿弥陀堂
           <後方、建設中の大願塔>

画像
             中山寺古墳(石の唐櫃)

画像
                 梅林