円教寺(兵庫県姫路市) 西国三十三所観音霊場第27番

<西の比叡山>と呼ばれる円教寺は書写山(371m)の山上一帯に広がり、
西国三十三所観音霊場の中でも最大規模を誇るお寺である。
天台宗の三大修行道場(比叡山、大山、書写山)としても多くの僧が修行し、
皇室などの来山もあり、大いに栄えた。
現在もロープウェイを利用した多くの参詣者や観光客が集い、
山の深遠な風景を満喫している。

弁慶も少年の頃修行したと伝えられ、その遺物が残されている。

円教寺 伽藍

<兵庫県のお寺一覧>

<西国三十三所観音霊場>

(1)寺名:円教寺(えんぎょうじ)<圓教寺>
(2)住所:兵庫県姫路市書写2968
(3)山号:書写山 (4)宗派:天台宗 
(5)開山:性空上人(6)開創:966年 
(7)本尊:如意輪観音
(8)その他
1)西国三十三所観音霊場第27番
2)姫路藩主本多家・松平家・榊原家の廟所
3)重要文化財仏像
  釈迦三尊像:988年 
  阿弥陀如来座像:1005年
  四天王立像:10世紀
4)石塔
  石造笠塔婆:県指定文化財 鎌倉時代
  和泉式部歌塚:県指定文化財 1233年
5)境内:国指定史跡
6)他に多数の文化財
7)訪問日:2005年8月1日

画像
                 参道

画像
                 摩尼殿

画像
                石造笠塔婆

画像
                 大仏

画像
                 奥の院

画像
                弁慶学問所
               <護法堂拝殿>

画像
               和泉式部歌塚

画像
                榊原家廟所

画像
                松平家廟所

画像
               弁慶のお手玉石

画像
               弁慶の鏡井戸