護国之寺<雄総観音>(岐阜県岐阜市) 岐阜市唯一の国宝のあるお寺

岐阜市で唯一の<国宝>である<金銅獅子唐草文鉢>がある護国之寺には
<こがねのお鉢>伝説がある。
大仏建立にあたって全国で仏師を探していた折、この地に金丸という
少年が仏像造りに長けていたので、大仏建立に携わり、その褒美にこの鉢を
頂戴し持ち帰って、これを奉るために護国之寺を建立したという伝説
<東大寺縁起絵巻にも出てくる>

この鉢は仏教儀式で使われる仏鉢で奈良時代の作。

岐阜県のお寺をクリック参照

(1)寺名:護国之寺(ごこくしじ) (2)住所:岐阜県岐阜市雄総194-1
(3)山号:雄総山 (4)宗派:高野山真言宗 (5)開基:行基
(6)開創:746年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)金銅獅子唐草文鉢:国宝 奈良時代
2)主な伽藍など
  本堂:1736年
  楼門:1762年
  奥の院:1755年
  宝篋印塔:県指定文化財 1304年
  塑像仏頭:県指定文化財 奈良時代

画像
                       楼門

画像
                       参道

画像
                       本堂

画像
                       本堂

画像
                      宝篋印塔

画像
                      奥の院