興聖寺(京都府宇治市) 四季の風景

1228年中国宋から帰朝した道元は、1233年京都伏見の深草に
興聖寺を開創する。<曹洞宗最初の寺>
その後、1243年道元は越前に下向し、1244年永平寺を開いた。
興聖寺は道元下向後、荒廃し応仁の乱で廃絶した。
1649年淀城主の永井尚政が道元開創興聖寺の状態を憂い、両親の
菩提を弔うためにこの宇治の地に再興した。
現在も曹洞宗の道場として営まれている。

興聖寺は紅葉の名所として、宇治十二景のひとつとして訪れる人も多い。
本堂廊下の天井は<血天井>と呼ばれ、伏見城の遺構といわれている。

<京都府南部のお寺一覧>

(1)寺名:興聖寺(こうしょうじ) 
(2)住所:京都府宇治市山田27-1
(3)山号:仏徳山 (4)宗派:曹洞宗 
(5)開山:道元禅師(6)開創:1233年 
(7)中興開基:永井尚政 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)伽藍のほとんどが宇治市指定文化財
2)琴坂:総門から山門への参道 紅葉
3)訪問日:数回

<宇治川、総門~参道(琴坂)の風景>

1朝霧橋から宇治川上流を(26-603)興聖寺 (3).JPG
             朝霧橋から宇治川上流を

2赤い橋の右手に興聖寺総門(26-603)興聖寺 (4).JPG
            赤い橋の右手に興聖寺総門

3総門前の宇治川(26-603)興聖寺 (2).JPG
              総門前の宇治川

4総門前の朝霧通り(26-603)(00)興聖寺2008年紅葉 (35).JPG
              総門前の朝霧通り

5対岸に浮島十三重石塔(26-603)興聖寺 (1).JPG
             対岸に浮島十三重石塔

6総門(26-603)(00)興聖寺総門(石門).jpg
                  総門

7総門(26-603)(00)興聖寺総門(石門)2.jpg
                  総門

1琴赤(26-603)(00)興聖寺参道1(琴坂).jpg
                  琴坂

2琴坂(26-603)(00)興聖寺2008年紅葉 (18).JPG
                  琴坂

3琴坂(26-603)(00)興聖寺2008年紅葉 (19).JPG
                  琴坂

4琴坂(26-603)(00)興聖寺2008年紅葉 (22).JPG
                  琴坂

5琴坂(26-603)(00)興聖寺参道2(琴坂).jpg
                  琴坂

6琴坂周辺(26-60300)興聖寺 (19).JPG
                琴坂周辺

7琴坂周辺(26-603)(00)興聖寺2008年紅葉 (20).JPG
                琴坂周辺

8琴坂周辺(26-60300)興聖寺 (20).JPG
                琴坂周辺

9琴坂周辺(26-60300)興聖寺 (17).JPG
                琴坂周辺

10琴坂周辺(26-60300)興聖寺 (23).JPG
                琴坂周辺

11山門(26-603)(00)興聖寺2008年紅葉 (22).JPG
                  山門

012琴坂を振り返る(26-603)(00)興聖寺参道4(山門から).jpg
               琴坂を振り返る

13琴坂を振り返る(26-603)(00)興聖寺2008年紅葉 (31).JPG
               琴坂を振り返る

14琴坂を振り返る(26-60300)興聖寺 (21).JPG
               琴坂を振り返る

15山門(26-603)(00)興聖寺参道3(琴坂).jpg
                  山門

16山門額縁(26-603)(00)興聖寺2008年紅葉 (27).JPG
                山門額縁

<伽藍>

31(26-603)(00)興聖寺山門3.jpg
                  山門

画像
                 薬医門

画像
                 境内

画像
                 本堂

画像
               本堂の血天井

画像
                 僧堂

画像
                本堂前庭

画像
                 大書院

画像
                 開山堂

画像
                 経堂