長命寺(滋賀県近江八幡市) 西国三十三所観音霊場第31番

長命山(333m)の山腹にある長命寺へは麓から808段の石段を登る
のが普通であるが、自動車道もあって境内近くまで車でも可能である。
昔は、船で参道入口まで行き山を登ったそうだ。

ご多分に洩れず伽藍は戦国時代兵火で焼失し、その後再建された
本堂・三重塔などが現在も残っている。
しかし、仏像だけは平安時代からのものが残っており、仏さまを
いかに大事に護持していたかが物語っている。

寺名が長命寺というのも長生きのご利益が昔から言い伝えられて
いるとのことである。

(1)寺名:長命寺 (2)住所:滋賀県近江八幡市長命寺町157
(3)山号:姨綺耶山(いきやさん) (4)宗派:天台宗系単立
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:619年
(7)本尊:千手観音、十一面観音、聖観音の三尊
(8)その他
1)西国三十三所観音霊場第31番
2)主な伽藍
  本堂:重文 1524年 檜皮葺
  三重塔:重文 1597年 高さ24m 柿葺
  護摩堂:重文 1606年 檜皮葺
  鐘楼:重文 1608年 檜皮葺
  三仏堂:県指定文化財 室町時代後期 檜皮葺
  護法権現社拝殿:県指定文化財 室町時代後期 檜皮葺
3)重文仏像
  千手観音立像:藤原時代 像高92cm
  十一面観音立像:藤原時代 54cm
  聖観音立像:13世紀 92cm
  地蔵菩薩立像:1254年 96cm
  毘沙門天立像:12世紀 171cm

画像
                   境内からの眺望

画像
                       参道

画像
                       参道

画像
                       本坊

画像
                       境内

画像
                       境内

画像
                    <重文>本堂

画像
                      三仏堂

画像
                    護法権現社拝殿

画像
                      護摩堂

画像
                   <重文>三重塔

画像
                   <重文>三重塔

画像
                    <重文>鐘楼