妙法院(京都市東山区) 天台三門跡

三十三間堂を所有している妙法院を訪れた人は京都でも少なく、
名前を知っている人も少ない隠れたお寺である。

由緒としては、三千院や青蓮院とともに天台宗の門跡寺院として
江戸時代末まで名門寺として栄えてきた。
明治時代になって、神仏分離の煽りを受けて衰退し、境内(庭園を含む)の
一部を売却して生き延びてきたが、戦後の観光ブームを受けて
三十三間堂の拝観者の増加などで今日の妙法院がある。

三千院や青蓮院は通常公開をしているが、なぜか妙法院は春・秋の
特別公開のみである。

妙法院の始まりについては諸説あるが、最澄が初代門主になっており、
三千院や青蓮院と同じように比叡山の小坊が始まりとなっているのであろう。
洛中に移ってきたのは、後白河法皇の時期1160年頃といわれている。
後白河法皇の庇護を受けて大きくなり、1220年頃には皇室から
住職が生まれ、以後門跡寺院としての地位が江戸時代末まで続いた。

(1)寺名:妙法院 (2)住所:京都市東山区東山七条上ル妙法院前側町447
(3)山号:南叡山 (4)宗派:天台宗 (5)開基:最澄
(6)開創:平安時代初期 (7)実質開山:昌雲 1160年頃
(8)本尊:普賢菩薩
(9)その他
1)天台三門跡、天台五箇室門跡
2)主な伽藍
  庫裡:国宝 1595年
  玄関:重文 1619年
  大書院:重文 1619年
  宸殿:1897年般舟三昧院より移築
  本堂:江戸時代
3)その他文化財
  本尊普賢菩薩騎象像:重文 12世紀 
  不動明王二童子像:重文 平安時代
  ポルトガル国印度副王親書:国宝 1588年秀吉に宛てた親書
  後白河法皇像(画):重文
  障壁画58面:重文 狩野派
  その他
4)幕末<七郷落ち>の舞台となる

画像
                      勅使門

画像
                    <国宝>庫裡

画像
                    <国宝>庫裡

画像
                   <国宝>庫裡内部

画像
                   <国宝>庫裡内部

画像
                        境内

画像
                    <重文>玄関

画像
                    <重文>玄関

画像
                    <重文>大書院

画像
                     御座所庭園

画像
                       護摩堂

画像
                       本堂

画像
                       宸殿

画像
                       宸殿