弥谷寺(香川県三豊市) 四国八十八ヶ所霊場第71番

弥谷山に死者の霊が帰って住む所として信仰されてきた
<弥谷信仰>が今も一部<いやだにまいり>の風俗として
残っているらしい。
秋の2泊3日のお寺巡りで、最初に参拝した弥谷寺の風景は
まさしく<弥谷信仰>が残る雰囲気を漂わせる風景であった。

お寺の境内は山肌に沿って、上へ上へとひろがり、岩肌に張り付いて
お堂が建てられている。

(1)寺名:弥谷寺(いやだにじ) (2)住所:香川県三豊市三野町大見乙70
(3)山号:剣五山 (4)宗派:真言宗善通寺派 (5)開基:行基
(6)開創:天平年間(729~748年) (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第71番
2)弥谷信仰遺跡:県指定史跡 弥陀三尊磨崖仏など
3)金銅五鈷鈴:重要文化財 中国唐時代後期 空海請来と伝わる
4)天霧城主、丸亀城主などの墓

画像
                      大師堂

画像
                     弘法大師像

画像
                      多宝塔

画像
                       鐘楼

画像
                    天霧城主の墓

画像
                      護摩堂

画像
                       水場

画像
                    弥陀三尊磨崖仏

画像
                       本堂

画像
                     丸亀城主の墓