西郷寺(広島県尾道市) 天平建築を思わせる<重文>本堂

天平建築を思わせる曲線の屋根と姿の美しさを持つ本堂は
時宗の本堂で最古のものといわれ、足利尊氏の建立と伝えられいる。

<姿三四郎>のモデルといわれる柔道家西郷四郎が病気療養のため、
尾道に来て西郷寺の近くの吉祥坊に住し、その2年後に亡くなったが
同じ西郷という不思議。

<広島県のお寺一覧>参照

(1)寺名:西郷寺 (2)住所:広島県尾道市東久保町8-40
(3)山号:智月山 (4)宗派:時宗 (5)開山:一鎮上人
(6)開創:1353年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)重文伽藍
  本堂:1353年 足利尊氏建立 鳴き竜天井
  山門:1395年 四脚門

画像
                   <重文>本堂

画像
                   <重文>本堂

画像
                   <重文>山門

画像
                   <重文>山門

画像
                    西郷四郎像