お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 専修寺(三重県津市) その1 お寺の風景と安楽庵の庭

<<   作成日時 : 2008/04/16 16:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

高田本山と呼ばれる専修寺(せんじゅじ)は、真宗10派のひとつ高田派の
本山であり、三重県で最も大きなお寺である。

親鸞聖人750回大遠忌に向けた<重文>御影堂の修復も完了し、
境内伽藍の威容が再び浮かび上がった。

伽藍の裏側に広がる3250坪の庭<安楽庵の庭(雲幽園)>は、表の
威容とは全く趣を異にする自然そのものの庭であり、これぞ本物の
庭だと言っていいだろう。
庭の一隅にある安楽庵は江戸時代初期の茶室であり、千道安(利休の
長男)と織田有楽斎の好みが生かされた茶室となっている。

この伽藍の境内と安楽庵の庭を歩いてみよう。
<なお、安楽庵の庭拝観は予約制>

三重県のお寺クリック参照

専修寺 その2クリック参照

画像
                       山門

画像
                      築地塀

画像
                <重文>御影堂を望む境内

画像
                <重文>如来堂を望む境内

画像
                     安楽庵の庭

画像
                     安楽庵の庭

画像
                     安楽庵の庭

画像
                     安楽庵の庭
               <短冊型の延べ石二枚が橋になっている>

画像
                     茶室安楽庵

画像
                     安楽庵の庭

画像
                     安楽庵の庭

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

専修寺(三重県津市) その1 お寺の風景と安楽庵の庭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる