正法寺(京都市西京区) 石庭と桜

京都西山の大原野界隈は竹林が多く、春の時期には道端で
筍が売られている風景にあちこちで出会う。
そんな大原野の一角にある正法寺は借景式の石庭で人気があり、
梅、桜、新緑、紅葉と四季を通じて拝観者がみられる。
また、春日不動信仰も篤く、新年や節分には厄除け祈願に
お参りされる人も多い。

この近辺には古刹・名刹も多く、ハイキングを兼ねて訪れる
若い人も結構見受ける。
<善峰寺、十輪寺、勝持寺、金蔵寺、三鈷寺など>

(1)寺名:正法寺(しょうほうじ) 
(2)住所:京都市西京区大原野南春日町1102
(3)山号:法寿山 (4)宗派:真言宗東寺派 (5)開山:智威大徳
(6)開創:754年 (7)中興:志徹 (8)本尊:千手観音
(9)その他
1)本尊千手観音立像:重文 鎌倉時代 南丹市九品寺より移座
2)借景式庭園:鳥獣の庭と呼ばれる 遠く東山を借景にする山水庭園
3)走り大黒天
4)西国薬師霊場第41番
5)春日不動
6)水琴窟

画像
                      鳥獣の庭
                  <桜の花びらが池面に散りぬるかな>

画像
                      鳥獣の庭

画像
                      鳥獣の庭

画像
                      鳥獣の庭

画像
                       池と桜

画像
                       不動堂

画像
                       山門

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                      本堂前庭

画像
                      水琴窟
                     <竹筒に耳をあてて聞く>

画像
                     走り大黒天