廬山寺(京都市上京区)

紫式部の住宅跡と伝えられる廬山寺は、節分会の<鬼の法楽>でも
賑わうお寺である。
紫式部の世界最古の長編小説<源氏物語>が世に出て千年の今年
2008年は<源氏物語千年紀>で、京都・大津を始め全国で
いろいろな催しが行われる。
京都では、ここ盧山寺を始め紫式部ゆかりの地を巡る観光ルートも
設けられている。
庭園は<源氏の庭>と呼ばれ、桔梗の花が彩りを添える。

<京都市上京区のお寺一覧>

(1)寺名:廬山寺(ろざんじ)<正式名:廬山天台講寺>
(2)住所:京都市上京区寺町通広小路上ル北ノ辺町397
(3)山号:日本廬山 (4)宗派:圓浄宗本山 
(5)開山:慈恵大師良源 (6)開創:938年 
(7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)慈恵大師自筆遺告状:国宝
2)如意輪観音半跏像:重文
3)庭園:桔梗の庭
4)節分会:鬼の法楽
5)紫式部歌碑:めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に
         雲がくれにし 夜半の月かな
6)訪問日:2005年5月24日


1(26-208)(00)盧山寺山門.jpg
                  山門

2(26-208)(00)盧山寺薬医門.jpg
                 薬医門

3(26-208)(00)盧山寺境内.jpg
                  境内

4(26-208)(00)盧山寺玄関.jpg
                  玄関

5(26-208)(00)盧山寺紫式部歌碑.jpg
                紫式部歌碑

6(26-208)(00)盧山寺大師堂.jpg
                 大師堂

7(26-208)(00)盧山寺鐘楼.jpg
                  鐘楼

8(26-208)(00)盧山寺本堂.jpg
                  本堂

9(26-208)(00)盧山寺源氏の庭.jpg
                  庭園