京都東山 桜の風景 その2 清水寺(1)

清水寺へは何度足を運んだことだろう。
いつ来ても人人人~。しかし、何かに魅かれて訪れることになる。

清水寺は西国三十三所観音霊場第16番札所であるが、今年は
西国観音霊場中興の祖である花山法皇千年遠忌にあたり、
今年から3年かけて三十三所霊場の総ての本尊が開帳される。
清水寺では今年の秋と来年の春に開帳される。
こんなことはもうないと思われ、是非この機会に三十三所を
巡礼されることをお薦めします。
私もすでに廻らせていただいているが、もう一度巡礼しようと思う。

今日は清水寺の桜風景をゆっくり、境内の隅々まで拝観させて
いただいた。

画像
                 <重文>仁王門

画像
                    首振地蔵
              <願ごとのある方向にお地蔵さんの首を廻して
               祈願すると叶うといわれる。江戸時代から
               信仰されている地蔵尊>

画像
                首を廻して祈願されている
               <地蔵院善光寺堂前に安置されている>

画像
                 仁王門横の境内

画像
                  <重文>西門

画像
                  紅シダレ(西門前)

画像
                     随求堂

画像
                 西門越しの市街地

画像
                   着物姿の女性
                 <レンタル着物の観光客かな>

画像
               <重文>仁王門と市街地

画像
                  本堂への参道

画像
                  <重文>轟門

画像
                     弁天堂

画像

                     <重文>北総門