阿弥陀寺(京都市上京区)

織田信長の墓と伝えられるものは全国10数か所あるといわれている。
<阿弥陀寺(京都市上京区)、本能寺(京都市中京区),大雲院(京都市東山区)、
総見院(京都市北区)、玉鳳院(京都市右京区)、高野山(和歌山県)、
安土城跡(滋賀県安土町)、本源院(大阪府堺市)、瑞龍寺(富山県高岡市)、
崇福寺(岐阜県岐阜市)、西山本門寺(静岡県芝川町)
総見寺(名古屋市)など>

これらの墓は供養塔と考えられているが、阿弥陀寺の墓が通説として
流布している。
当寺の開山清玉上人が織田家由縁の人で、本能寺の変で本能寺に
駆け付け、遺骸を受け取ったと伝えられているらしい。

(1)寺名:阿弥陀寺 (2)住所:京都市上京区寺町今出川上ル鶴山町14
(3)山号:蓮台山 (4)宗派:浄土宗 (5)開山:清玉上人
(6)開創:1555年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)織田信長父子・森蘭丸の墓
  大徳寺総見院は秀吉が開創の信長の菩提寺
2)芭蕉句碑:春立つや 新年古き 米五升

画像

                        山門

画像

                        境内

画像

                        本堂

画像

                    織田信長父子墓所

画像

                       芭蕉句碑

画像

                       地蔵尊