五村別院 (滋賀県長浜市)

真宗大谷派東本願寺の別院である五村別院は1597年教如上人
によって開創されたお寺であるが、本願寺が西本願寺と東本願寺に
分かれる前の、教如上人安住のお寺になるはずであった。

教如上人は本願寺12世となるべく11世顕如上人の長子であったが、
石山本願寺の戦いで信長と徹底抗戦を主張した人物として秀吉は
教如を斥け、准如を12世として京都堀川の地に本願寺を建立させた。
関ヶ原合戦の後、1602年徳川家康は本願寺の勢力を恐れ本願寺分断
作戦の一貫として、教如をして京都烏丸の地に東本願寺を建立させることに
よって本願寺を分断したのである。
開祖親鸞から11世までは本願寺、12世から西本願寺12世准如、
東本願寺12世教如と並立して真宗は歩むのである。

なお現在では、西本願寺は通称で正式名は本願寺、東本願寺は真宗本廟
という。

<滋賀県湖北のお寺一覧>参照

(1)寺名:五村別院 (2)住所:滋賀県長浜市五村150
(3)山号:なし (4)宗派:真宗大谷派東本願寺別院 (5)開山:教如上人
(6)開創:1597年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)重文伽藍
  本堂:1730年
  表門:1674年
2)教如上人の廟所

画像

                          遠景

画像

                          表門

画像

                          本堂

画像

                          本堂

画像

                        教如上人像

画像

                        教如上人廟

画像

                         太鼓楼