石馬寺(滋賀県東近江市) <馬の寺>

<馬の寺>と呼ばれる石馬寺は聖徳太子の開基といわれる山寺で、
11体の重要文化財仏像を擁している。
この東近江には聖徳太子開基と伝わるお寺が結構あり、百済からの
帰化人も多く住んだ地でもある。

馬の寺といわれるだけに、今も馬関係の人たちのお参りが多いそうです。

秋には参道両側や境内の紅葉を求める拝観者で賑わいの風景を見せる。

(1)寺名:石馬寺(いしばじ) (2)住所:滋賀県東近江市五箇荘石馬寺町823
(3)山号:御都繖山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派 (5)開基:聖徳太子
(6)開創:594年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)重文仏像
  阿弥陀如来坐像:12世紀 定朝様 像高274cm
  十一面観音立像:12世紀 180cm
  十一面観音立像:12世紀 168cm
  大威徳明王騎牛像:12世紀 117cm
  二天立像:12世紀
  二天立像:12世紀
  役行者・二鬼像:13世紀
2)石馬の石庭
3)石馬の池
4)紅葉

画像

                      参道(かんのん坂)

画像

                        石馬の石庭

画像

                          燈籠

画像

                         新大仏殿

画像

                          本堂

画像

                         行者堂