芳春院(京都市北区)

NHK大河ドラマ<利家とまつ>で<まつ>の生涯が加賀前田家の隆盛を生み出した
様子が描かれましたが、その<まつ>の法号が芳春院である。
大徳寺塔頭の芳春院は1608年にまつが建立し、芳春院と名付け前田家の
菩提寺としたお寺である。
大徳寺には22ヶ寺の塔頭があるが、大名などの菩提寺が多くある。
織田信長の菩提寺は総見寺、三玄院は石田三成の菩提寺などなど。
芳春院は大徳寺境内の北端にあり、通常は非公開であるが、春と秋に
特別公開されている。

(1)寺名:芳春院(ほうしゅんいん) (2)住所:京都市北区紫野大徳寺町55
(3)宗派:臨済宗大徳寺派<大徳寺の塔頭> (4)開山:玉室宗珀
(5)開基:芳春院 (6)開創:1608年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)主な伽藍
  本堂(方丈):明治時代
  呑湖閣:府指定文化財 1617年 二重楼閣で京都四閣のひとつ
    <京都四閣:金閣、銀閣、飛雲閣、呑湖閣>
  霊屋:府指定文化財 芳春院と利長の霊を祀る
  茶室:落葉亭、松月軒、如是庵
2)庭園
  花岸庭:方丈前庭 枯山水庭園
  楼閣山水の庭:飽雲池と呑湖閣を中心とする池泉鑑賞式庭園

画像

                         花頭窓

画像

                          駒札
             <京都市が市内の名所旧跡に立てている説明札>

画像

                          表門

画像

                          参道

画像

                        本堂(方丈)

画像

                         花岸庭

画像

                         花岸庭

画像

                        茶室落葉亭

画像

                         呑湖閣

画像

                       楼閣山水の庭

画像

                         飽雲池