為因寺(京都市右京区)

国道162号線を鳴滝から神護寺の方角に10分ほど車で走ると
右手に(見落とす可能性大)小さな小さなお寺(民家)為因寺がある。
石塔に興味を持っている人には見逃すことができない宝篋印塔が
あるお寺である。

為因寺の宝篋印塔は1265年の銘を持ち、高山寺の宝篋印塔とともに
最古様の形式として貴重な石塔である。ともに重要文化財に指定されている。

(1)寺名:為因寺(いいんじ) (2)住所:京都市右京区梅ヶ畑奥殿町46
(3)山号:不明 (4)宗派:浄土宗 (5)開基:明恵上人
(6)開創:1223年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)宝篋印塔:1265年 最古様を示す もと善妙寺(廃寺)にあった

画像

                          表門

画像

                         宝篋印塔

画像

                         説明板

画像

                         宝篋印塔