福厳寺(福岡県柳川市)

福岡県の南端に位置する柳川市は、なんと言っても<水郷と北原白秋>
を思い出すが、この城下町柳川の礎を築いたのが柳川藩初代藩主の立花宗茂
である。
1587年秀吉の眼にかない、筑後三郡を与えられ柳川の地に城地を構えたが、
関ヶ原の戦で西軍に味方して一時改易となるが、1620年に再び柳川城主として
復活し、その後柳川の発展に寄与した。

福厳寺はその立花宗茂によって立花家の菩提寺として1587年開創され、
1669年黄檗宗に改宗している。

現在の福厳寺はお堂も傷み、立花家の廟所も荒れた感がするのが
気のせいだろうか。

(1)寺名:福厳寺(ふくごんじ) (2)住所:福岡県柳川市奥州町32-1
(3)山号:梅厳山 (4)宗派:黄檗宗 (5)開山:緒庵
(6)開基:立花宗茂 (7)開創:1587年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)柳川藩主立花家の菩提寺
2)歴代藩主の肖像画
3)普茶料理
4)檀一雄の墓

画像

                          本堂

画像

                          山門

画像

                         鐘鼓楼

画像

                         開山堂

画像

                    柳川藩主立花家の廟所