観音正寺(滋賀県近江八幡市安土町) 西国三十三所観音霊場第32番

1993年観音正寺は失火により、本堂と重要文化財に指定されていた本尊
千手観音立像が焼失した。
本堂は2004年再建され、本尊は白檀製像高3.6mの千手観音坐像として
松本明慶の手によって蘇えったのである。
この白檀は住職がインド政府に20数回の懇請により、輸出許可を得て
運ばれた23トンもの貴重な白檀である。

繖山(433m)の山上にある観音正寺は近江の守護大名であった佐々木六角氏
(居城が観音寺城で、お寺の近くにあった)の庇護を受けて栄えたが
織田信長の兵火によって灰燼に帰している。
<近江のお寺の多くが信長の兵火で災禍を受けている。>

(1)寺名:観音正寺(かんのんしょうじ) (2)住所:滋賀県安土町石寺2
(3)山号:繖山 (4)宗派:天台宗系単立 (5)開基:聖徳太子
(6)開創:605年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)西国三十三所観音霊場第32番
2)聖徳太子が人魚の願いにより開創したという伝説
3)濡仏:銅造釈迦如来坐像

画像

                         繖山(右)

画像

                         仁王像

画像

                          境内

画像

                          濡仏

画像

                        北向地蔵堂

画像

                          紅葉

画像

                         護摩堂

画像

                          本堂

画像

                          本堂

画像

                         奥の院