醍醐寺(京都市伏見区) 四季の風景

京都の東山を東へ越えると山科盆地(京都市山科区・伏見区の一部)、
この地は古く北陸から近江・宇治を経て大和に至る奈良街道があり、
平安京の東南の一地区として注目されてきた。
醍醐寺は、この街道沿いの醍醐山(454m)の麓から山上にかけて
の広大な地域に広がり(約200万坪)、境内を大きく分けて、山上
一帯を<上醍醐(かみだいご)>、麓を<下醍醐(しもだいご)>と
呼んでいる。

平安時代初期、874年に弘法大師の孫弟子にあたる理源大師聖宝が
准胝観音・如意輪観音を開眼供養し、上醍醐の地にお堂を開創したの
が醍醐寺の始まりである。
醍醐寺は上醍醐から始まり、醍醐天皇の在位中に上醍醐の伽藍が整った。
926年下醍醐に釈迦堂が建立され、それ以降下醍醐の伽藍建立が続き、
日本三名塔のひとつ五重塔が951年に建立され、伽藍は整った。

平安・鎌倉・南北朝・室町時代と大きな損壊もなく来たが、応仁の乱
(1467~77年)により五重塔を除いて下醍醐の伽藍が壊滅し、
その後醍醐寺の寺勢も衰えていった。

この状態を救ったのが豊臣秀吉であった。
秀吉は金堂の再建、三宝院の殿舎庭園の新増築など伽藍の再興を行い、
1598年あの有名な<醍醐の花見>を催した。
秀吉没後も秀頼は伽藍の整備を行ったが、豊臣没落により醍醐寺の
存在はその後薄くなって行った。

今日ある醍醐寺は数ある寺宝<国宝41点、重要文化財39360
数点>と真言宗醍醐派の総本山として、また修験道の本山として、
桜の名所として、日本有数の庭園ありと世界遺産に恥じない歴史的
遺産に溢れている。

理源大師聖宝・醍醐天皇・豊臣秀吉は醍醐寺を語るとき忘れること
のできない人物であるが、その理源大師聖宝の1100年御遠忌が
2009年に行われるに際して、全山、桜の植樹が計画された。
それがなった時、秀吉の<醍醐の花見>がよりスケール大きく再現
されることであろう。

<醍醐寺の花見>

<醍醐寺 2020年の花見>

<醍醐寺 2013年紅葉>

<醍醐寺の主な伽藍>

<醍醐寺下醍醐の風景と仏像>

<醍醐寺三宝院と塔頭>

<醍醐寺上醍醐 西国三十三所観音霊場第11番>

<京都のお寺総覧>

(1)寺名:醍醐寺(だいごじ)
(2)住所:京都市伏見区醍醐東大路町22
(3)山号:醍醐山 (4)宗派:真言宗醍醐派総本山
(5)開山:理源大師聖宝 (6)開創:874年
(7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)世界文化遺産 <古都京都の文化財>17件の一つ
2)西国三十三所観音霊場第11番
3)文化財の宝庫
4)日本さくら名所百選 醍醐の花見 豊太閤花見行列
5)五大力尊仁王会 鏡餅持ちくらべ
6)訪問日:ほぼ毎年 私の好きなお寺

(1)(26-1010)醍醐寺総門.JPG
                 総門

(2)仁王門へ(26-0002)醍醐寺2008年4月9日 (5).JPG
                仁王門へ

(3)仁王門へ(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (7).JPG
                仁王門へ

(4)仁王門へ(26-0033)(00)醍醐寺 (2).jpg
                仁王門へ

(5)三宝院唐門(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (6).JPG
                三宝院唐門

(6)三宝院庭園(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (12).JPG
                三宝院庭園

(7)霊宝館しだれ桜(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (14).JPG
               霊宝館しだれ桜

(8)仁王門(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (13).JPG
                 仁王門

(9)仁王門から金堂へ(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (1).jpg
              仁王門から金堂へ

(10)仁王門から金堂へ(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (3).JPG
              仁王門から金堂へ

(11金堂)(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ  (2).JPG
                  金堂

(12金堂)(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ  (1).JPG
                  金堂

(13金堂)(26-0033)(00)醍醐寺 (15).jpg
                  金堂

(14五重塔)(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (11).JPG
                 五重塔

(15五重塔)(26-003)(00)<国宝>醍醐寺五重塔5.jpg
                 五重塔

(16五重塔)(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (8).jpg
                 五重塔

(17日月門)(26-0033)(00)醍醐寺  (2).JPG
                 日月門

(18観音堂)(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (10).JPG
                 観音堂

(19観音堂)(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (5).JPG
                 観音堂

(20観音堂)(26-0033)(00)醍醐寺   (2).jpg
                 観音堂

(21弁天堂)(26-003)(00)醍醐寺弁天堂3.jpg
                 弁天堂

(22弁天堂)(26-003)(00)醍醐寺参道3(金堂へ (9).JPG
                 弁天堂

(23弁天堂)(26-0033)(00)醍醐寺   (1).jpg
                 弁天堂

(24上醍醐参道入口)(26-0031)(00)上醍醐寺参道入口.jpg
               上醍醐参道入口

(25上醍醐表門)(26-0031)(00)上醍醐寺参道1.jpg
                上醍醐表門

(26醍醐水)(26-0031)(00)上醍醐寺醍醐水.jpg
               上醍醐醍醐水

(27薬師堂)(26-0031)(00)<国宝>上醍醐寺薬師堂.jpg
               上醍醐薬師堂

(28如意輪堂)(26-0031)(00)<重文>上醍醐寺如意輪堂.jpg
              上醍醐如意輪堂