瑠璃光寺(山口県山口市) 美しい姿の<国宝>五重塔

日本三名塔<法隆寺五重塔醍醐寺五重塔、瑠璃光寺五重塔>のひとつであり、
私なりの日本五重塔三風景<羽黒山五重塔備中国分寺五重塔、瑠璃光寺五重塔>
のひとつであろう。
それほどにこの五重塔は風景そのものであろう。
大内文化の粋として<西の京>山口を代表する名所でもある

瑠璃光寺の寺歴は
<1>1399年大内義弘がこの地に香積寺を開創
<2>大内盛見が五重塔の建立開始 盛見死後1442年に完成
<3>1471年陶弘房夫人が山口市仁保高野に安養寺を開創
    1492年瑠璃光寺と改名
<4>1604年この地にあった香積寺を萩藩の萩へ移転
    1690年仁保高野から瑠璃光寺をこの地へ移転
    これが現在の瑠璃光寺であり、五重塔は香積寺の時のものである。

<山口県のお寺一覧>参照

(1)寺名:瑠璃光寺(るりこうじ) (2)住所:山口県山口市香山町7-1
(3)山号:保寧山 (4)宗派:曹洞宗 (5)開山:須益 (6)開基:陶弘房夫人
(7)開創:1471年 (8)本尊:薬師如来
(9)その他
1)陶氏の菩提寺<大内義弘の菩提寺は香積寺>
2)三重塔:国宝 1442年建立 高さ31m
3)香山墓所:萩藩主13代毛利敬親の墓所
4)境内一帯が香山公園となっていて梅や桜の名所
5)正法眼蔵<道元著>の最古の写本
6)中国三山<長門の大寧寺、周防の龍文寺、瑠璃光寺>

画像

                         五重塔

画像

                         五重塔

画像

                         雪舟像

画像

                        大内弘世像

画像

                          山門

画像

                          鐘楼

画像

                          本堂