白峯寺(香川県坂出市) 四国八十八ヶ所霊場第81番

高松市の西、五色台の西端にあたる白峰山(坂出市)上に位置する
白峯寺は四国八十八ヶ所霊場第81番であるとともに崇徳天皇の
廟所としての寺格を有している。
崇徳天皇御陵と廟所の頓証寺殿、十三重石塔の供養塔2基がある。
<御陵が京都・奈良・大阪以外にある珍しい事例>
崇徳天皇は保元の乱でこの地に配流され9年後の1164年に崩御
され、後に西行が訪れその霊を慰め、歌を残している。
<よしや君昔の玉の床とてもかからむ後は何にかはせん>

お遍路の人で溢れる境内はそうした悲劇を忘れさせている。

<香川県のお寺一覧>

(1)寺名:白峯寺(しろみねじ) 
(2)住所:香川県坂出市青海町2635
(3)山号:綾松山 (4)宗派:真言宗御室派別格本山 
(5)開基:弘法大師空海、智証大師円珍 (6)開創:815年
(7)本尊:千手観音
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第81番 弘法大師が当山に登って、
      如意宝珠を埋め閼伽井(あかい)を掘ったと伝える
2)崇徳天皇御陵(宮内庁管理)
3)十三重石塔東塔:1278年造立 花崗岩製  
       西塔:1324年 凝灰岩製
       ともに重要文化財で崇徳天皇供養塔
4)頓証寺殿勅額:重要文化財 御小松天皇宸翰
5)重要文化財伽藍
  本堂:1651年建立  大師堂:1811年建立
  阿弥陀堂など9棟
6)吉祥天立像:県指定文化財
  など多数の文化財
7)訪問日:2007年6月5日

画像
          十三重石塔(手前西塔、奥が東塔)

画像
                 西塔

画像
                 東塔

画像
               山門(七棟門)

画像
                 御成門

画像
                弘法大師像

画像
                 勅額門

画像
                頓証寺殿

画像
                 本堂

画像
                 大師堂