光明坊(広島県尾道市)

尾道から瀬戸内しまなみ海道を南へ生口島北ICを出て島の東側沿いに10分
目的とする光明坊の十三重石塔の先端が見えてきた。
ところが、以外にも法然上人ゆかりのお寺ではないか。それも松虫・鈴虫の
名前まででてくるわ。驚きの一語。
どこで何に出くわすかこの世は摩訶不思議。ありがたい。
京都の安楽寺を思い出した。

<広島県のお寺一覧>参照

(1)寺名:光明坊(こうみょうぼう)<正式名:光明三昧院>
(2)住所:広島県尾道市瀬戸田町御寺757 (3)山号:仙容山
(4)宗派:真言宗泉涌寺派 (5)開基:行基 (6)開創:730年
(7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)法然上人ゆかりの寺:法然上人が流罪で四国へ渡られるにあたりこのお寺へ
       如念尼公(後白河法皇の息女)によって招かれた。
       松虫・鈴虫も如念尼とともにこのお寺に逗留していた。
       4人の供養塔がある。
       <京都の安楽寺>参照
2)十三重石塔:重要文化財 1294年 忍性が建立 高さ8m
3)本尊阿弥陀如来坐像:重要文化財 鎌倉時代造像 83cm
4)イブキビャクシン:県指定天然記念物 樹齢650年

画像

                        十三重石塔

画像

                          山門

画像

                          本堂

画像

                         法然堂

画像

                       イブキビャクシン

画像

               供養塔(左から法然上人・如念尼・松虫・鈴虫)