太融寺(大阪市北区)

大阪の梅田を東へ500mほど歩くと、ビルとラブホテルに囲まれた一角に
現代的な構造伽藍がデン~と展開している太融寺はその風景からは想像できない
古刹である。
芭蕉も句を詠み、平安時代には源氏物語の主人公光源氏のモデルといわれる
源融が七堂伽藍を建立した名刹である。
一願不動尊の信仰は今も根強く、参拝者が絶えない信仰のお寺である。

(1)寺名:太融寺(たいゆうじ) (2)住所:大阪府大阪市北区太融寺町3-7
(3)山号:佳木山 (4)宗派:高野山真言宗 (5)開基:弘法大師空海
(6)開創:821年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)新西国33ヶ所観音霊場第2番、近畿36不動尊霊場第6番
2)淀君の墓:明治時代に大阪城公園から移された 七重石塔
3)芭蕉句碑:<しら菊の 目に立てて見る 塵もなし>
4)一願不動尊、千成地蔵尊
5)九山八海の庭:本堂前
6)マニ車:チベットから贈られた経の入った車

画像

                          宝塔

画像

                          南門

画像

                          本堂

画像

                        淀君の墓

画像

                         マニ車

画像

                       一願不動尊

画像

                       九山八海の庭

画像

                        芭蕉句碑