醍醐寺(京都市伏見区) 醍醐の花見

<醍醐の花見>といえば、1598年4月20日に豊臣秀吉が
一族郎党1300名余りを引き連れて醍醐寺で催した盛大な
花見の宴であるが、今日紹介するのは、私の<醍醐の花見>を
紹介します。
なお、毎年4月第2日曜日に<豊太閤花見行列>が醍醐寺で
催されますが、花見客で境内は満杯状態になるほどの人気です。
毎年この催しを避けて花見に出かけることにしていますが、
それでも人出の多さにはビックリの毎年です。

醍醐寺の枝垂桜は日本でも有数の桜ではないでしょうか。
また、変わったところでは秀吉ゆかりの枝垂桜の子孫
(樹齢150年)が古木になってそのクローン桜が三宝院境内
に植えられ、花を咲かしたことでしょう。D
さらに醍醐寺の開創者理源大師聖宝の1100年大遠忌
(2009年)にちなんで桜の苗を全山に植栽する計画がある。

<醍醐寺 四季の風景>

(26-0120)醍醐寺霊宝館 (11)しだれ桜.JPG
              霊宝館大しだれ桜
              推定樹齢180年

画像
                霊宝館境内

画像
             しだれ桜(霊宝館境内)

画像
              三宝院唐門を望む

画像
                三宝院境内

画像
                三宝院クローン桜

画像
                 参道
             <この参道で豊太閤行列>

画像
                 仁王門

1金堂(26-1000)醍醐寺 (3).JPG
                 金堂

2五重塔(26-1000)醍醐寺 (4).JPG
                 五重塔

3観音堂(26-1000)醍醐寺 (2).JPG
                 観音堂

4弁天堂(26-1000)醍醐寺 (1).JPG
                 弁天堂

画像
                報恩院護摩堂