平等院(京都府宇治市) その2 鳳凰堂の風景

鳳凰堂 誰もが知っている そう十円玉の文様

その1 その3>参照

鳳凰堂は1053年に藤原頼道によって阿弥陀堂として建立されたが、江戸時代に
建物の形が鳳凰に似ているとか、屋根に鳳凰の棟飾りがあることなどから鳳凰堂と
呼ばれるようになったということです。

鳳凰堂を東の正面から北へ、西(背面)へ、南へ、東へと廻ってみよう。

画像

                       正面(東)から
                 この方角からの写真が最も多いが
                 いつも拝観者が多く、撮影のチャンス
                 少ない

画像

                 正面からの阿弥陀如来像のお顔

画像

                        北東から

画像

                       北北東から

画像

                    北北西(背面斜め)から

画像

                       西(背面)から

画像

                       南西(背面)から

画像

                          南から

画像

                         南東から

画像

                         南東から

画像

                         東南東から